敏感肌脱毛はレーザー出力を弱くしてもらうと良いですか?

03.jpg敏感肌の女性が脱毛するためにはやはり医療機関での脱毛がベストであると言えるでしょう。
安全面からしてもそうですし、安心感もありますね。

医療脱毛となるとレーザー脱毛になりますが、出力は調節が可能ですから、痛いと感じたら、出力を弱めてもらうことが出来ます。

美容外科、美容皮膚科でレーザー脱毛は行えますが、その際に低出力で施術してもらうと、肌への負担も最小限に抑えることが出来ます。


また敏感肌の女性は肌が弱いです。
自己処理はやらないほうが良いでしょう。

その場合、コストを考えて光脱毛を選択する女性もいるでしょう。
レーザー脱毛だとなかなか出費がかさんで無理、という女性も、サロンでの脱毛ならお得なキャンペーンや低価格でムダ毛処理が出来るからです。

その場合でも、サロンのマシンの出力を落としてもらうことは可能です。
実際にテスト照射してみて、痛いと感じるのであれば出力を弱めてもらい、それで施術を受けましょう。

マシンによっては出力に差がありますから、前に通ったクリニックでは大丈夫だった施術が、今回は痛い、ということはよくある話です。

ですからまずはテスト照射で具合を見ましょう。

レーザー脱毛にも光脱毛にも言えることですが、出力を弱めることによって威力は少なくとも少しは落ちます。
それは仕方のないことです。

しかし、通う回数が1回や2回増えたところで、とりたて問題というほどでもないでしょう。
お肌が弱い女性はレーザー出力を弱めてもらい、脱毛していくことがオススメです。

敏感肌の脱毛はレーザーよりも光脱毛が良いですか?

04.jpg敏感肌の女性は化粧品にもこだわっていますし、合わない化粧品が多くて特定のものばかりになってしまったりしていますね。

そんな敏感肌の女性が選ぶなら、レーザーより光脱毛のほうが良いのでしょうか?まず、それぞれの特色を見てみましょう。

レーザー脱毛の場合、照射する出力はサロンよりも強いです。
そのため、通う回数は5回から6回でよく、施術完了します。

しかしその分料金は高くなります。
ただ、もしもの場合に備えて医師が常駐していますから、トラブルが起きた場合に安心できますね。

光脱毛の場合は広い範囲を一度に照射出来るので、広範囲の脱毛にオススメです。
またレーザーよりも出力が弱いので、敏感肌の女性でも肌ダメージを最小限にすることが出来ますから、あとからヒリヒリ、ということはありません。


こう考えるとどちらも魅力があるのですが、光脱毛のほうが今はポピュラーになってきています。
手軽な料金で気軽に通うことが出来るという点で、女性に人気のようですね。

ただ1つ言えることと言えば、敏感肌の女性は自己処理はあまりしないほうが良い、という点でしょう。
ちょっとしたことで肌トラブルに繋がりますし、それをすぐに回復出来るだけの自然治癒力を持っていません。

ですからプロに任せた脱毛でキレイを目指すのが一番肌には良い方法なんですね。
特にカミソリによる処理は角質も削り取っているのでやめておきましょう。

キレイにするはずの肌をボロボロにしてしまうのが自分というのは悲しすぎますね。

サロンの光脱毛は回数を重ねなければなりませんが、比較的肌にも優しく冷却もしっかり行ってくれますから敏感肌の女性でも安心して受けることが出来ます。

一度考えてみてはどうでしょうか?

敏感肌のレーザー脱毛は、色素沈着しますか?

05.jpg敏感肌の女性が最も困ること・・・それは夏になってしまうことです。
当然薄着になりますし、その場合はムダ毛処理をしなければなりません。

しかし敏感肌の女性はその通り、肌がデリケートです。
ちょっとした体の具合によっては自己処理をした箇所がかぶれたり、赤くなったりして、それを翌日まで持ち越すこともあるようです。

そんな敏感肌の女性にオススメなのがレーザー脱毛です。
医療レーザー脱毛はメラニン色素にのみ反応して毛根に作用する仕組みになっています。

ですから肌に直接的なダメージはかからないんですよ。
現にアトピーの女性でもレーザー脱毛を受けています。

自己処理でかぶれたり、色素沈着を起こすよりは充分に利益のある方法だと思われます。

では、その色素沈着はレーザー脱毛では起こさないのでしょうか。
その質問は、まったく逆の解説が出来ます。

実はレーザー脱毛することにより、肌の新陳代謝が活発になり、もともとあった色素沈着が薄くなるということも言われています。

また色素沈着をなくすためのクリームなどを処方している医療機関もありますから、それを併用していくと、色素沈着がなく、キレイな肌を保つことが出来るのです。

ですから以前から自己処理をするのもためらっていた、でもオシャレはしたい・・・という敏感肌の女性は、レーザー脱毛を選択すればまず間違いはないでしょう。

少々お値段は張りますが、一生ものと思えば充分な価値があると思いませんか?

敏感肌のレーザー脱毛は皮膚科が良いですか?

02.jpg医療脱毛は、皮膚科でも受けることが出来ます。
特に敏感肌の女性は皮膚科でのレーザー脱毛がオススメです。

皮膚科は肌のことに詳しく、ちょっとしたサインも見逃しませんから、ダメージを少なく、しっかりした効果のある脱毛を行ってくれます。

医療レーザー脱毛が人気の理由は、肌トラブルを軽減し、美肌になれるという点です。
敏感肌の女性がセルフケアでカミソリなどを使ってケアした場合、どうしてもカミソリ負けなど、トラブルがつきものです。

しかし医療レーザー脱毛ならそのような心配はなく、キレイですべすべの肌を手に入れることが出来るのです。

また医師が常駐していますから、トラブルが起こっても万全の対応をすることが出来ます。
肌の弱い人はもちろん、敏感肌の女性でもしっかりケアすることが出来ますから、皮膚科で一度問診を受け、レーザー脱毛を希望するのも良いでしょう。

さらに付け加えると、実は敏感肌で皮膚科で脱毛に通っている女性は案外多いものなのです。
敏感肌だからこそ、自分でケアするのが難しく、専門医にたくしている、というところでしょうか。

レーザー脱毛だと痛いし、肌にもダメージが大きいのでは、と考える女性も多いかもしれませんが、5回か6回程度で施術は終わりますし、自己処理の負担を考えると、皮膚科での治療のほうが圧倒的に有利だと思いませんか?

もし敏感肌で、セルフケアするたびに赤味が出てしまう・・・という女性は皮膚科に相談してみましょう。

アトピーでもレーザー脱毛は可能でしょうか?

01.jpg

自分はアトピー肌だから、と脱毛を諦めていませんか?

実はアトピー肌でもレーザー脱毛が可能なんですよ。
自己処理で行うカミソリのほうが余計にアトピー肌を傷つけてしまうことになりますし、医療機関の施術のほうがよっぽど肌に優しい方法でレーザー脱毛を行ってくれます。


医療機関で行うため、トラブルが起きれば万全の対策を立てることが出来ますし、こちら側としては安心して施術を受けることが出来ます。


医療レーザー脱毛の場合、肌への負担がゼロになるわけではありません。
しかし自己処理でカミソリを使ってケアしているよりも格段にダメージが少ないです。


しかもレーザー脱毛の場合だと、5回か6回通うだけで施術が終了しますから、とても手軽ですし、もう自己処理で肌を傷つける必要もありません。

多少荒れ気味の肌具合でも、カウンセラーがOKと判断したなら受けることが出来ますし、出力レベルを操作することも可能です。

また医療レーザーは特別な機械で脱毛しますから、サロンの光脱毛より出力が高く、早くスピーディに脱毛が完了します。

ただし、炎症が強く出ている部位、色素沈着が強い場合はその部分にレーザー照射をすることが出来ませんから、事前にカウンセリングがあると思いますので、今の肌具合をカウンセラーに見てもらいましょう。

自分では出来ないかも・・・と思っていても、案外大丈夫ですよ!と言われることのほうが多いのです。
アトピーだからといって美を諦める必要はありません。
一度、医療機関に相談してみると良いでしょう。